tpz-tumblr エロい画像はLikeにする派です >>
"ネトゲやってて一番面白かったのは16人とかで龍のボス倒すレイドで、突然一人の雌キャラが「もうやめて!この子だって本当は戦いたくないのよ!」とか言い出して、最終的にタメ攻撃時に「大丈夫よ…怖くない」って言いながら敵に近づいてって普通に殺されてたのが息できなくなるくらい笑った。"
Wednesday 8/27/2014

(347 notes)

(via kazcorp)

(via tenpadego)

theta0927:

Twitter / ro_ki_: 余りにも名言である  …

(996 notes)

(239 notes)

(Source: simplypi, via tenpadego)

petapeta:

2014-06-29 - WASTE OF POPS 80s-90s

(244 notes)

"

デザイナー(designer)

  • アーティストに対する最大限の侮辱。
  • 芸術家としてのモラルを捨て、消費資本主 義に心を売った人のこと。
  • 例:「やっぱりデザイナーのつくるものは誰に対しても魅力的ですね」

アー ティスト(artist)
  • デザイナーに対する最大限の中傷。
  • 社会との接点を捨て、なりふり構わない表現をする 自分勝手な人のこと。
  • 例:「あなたはひょっとしてアーティストが向いているのではないでしょうか?」

エ ンジニア(engineer)
  • 科学者に対する最大限の誹謗。
  • 学術的な高みをあきらめ、イノベーションや合理化 という卑猥な目的のために技術を使う人のこと。
  • 例:「君のようなエンジニアに新商品の開発を任せたいと思っているんだよ」

科 学者(scientist)
  • エンジニアに対する最大限の嫌味。
  • 利用目的やフィージビリティを考えず、やみくも に自分の興味ある実験や理論展開を行う人のこと。
  • 例:「まるで科学者の方と話しをしているみたいでワクワクします、何でも出来る気がし てきました」
"

(1,982 notes)

(3,552 notes)

(Source: riandawes0me, via tenpadego)

"渡航や滞在は意外と普通にやれちゃうけど渡航先で結果出すのはスンゲー大変なので、「海外に武者修行」みたいなイベントを通じても輝けない自分みたいなものをとっとと発見して挫折からの帰国をしてもらうのがベターかなと思います。実際そういう人結構いますよ。なんか特別な行動をとる事で他人とは違う自分みたいなの演出して酔っちゃう子。"

(81 notes)

(via otsune)

(via yellowblog)

nakamagome2:

Stand in the clouds (via Himatamu)

(17 notes)

"若い友人が念願の学割Psを買って「Photoshopを使いこなすためにはどう勉強すればいいですか?」と聞いてきたので「クソコラを作れ。そして妙に凝ったクソコラを目指せ」と言ってみたら、ピンクの丸字で「今日は生でもいいよ……」と書かれた、背景がユッケの輝く牛画像という神コラ作ってた"

(1,016 notes)

possumoftheeast:

nyannerz:

what the fuucckk

PRAISE THE SUN! 

(99,116 notes)

possumoftheeast:

nyannerz:

what the fuucckk

PRAISE THE SUN! 

(Source: bobasprite, via aki373)

man-nona:

たびさんはTwitterを使っています ごはん屋さん。隣に座ったお兄さんが、タブレット取り出して画面みた後に「たかさき、、、?」ってつぶやいてキョロキョロしてる。どうしました?変なアクセスポイントでもありましたか?? #すまぬ http://t.co/8x7CCtZsUB

(140 notes)

"

茶の湯の世界では、「おもてなし」には、下記の3つの原則があるという。

1.準備を整えて客を待つ(仕度の原則)
2.くつろげる空間を演出する(しつらえの原則)
3.ゲームのルールを共有する(仕掛けの原則)

 おもてなしは、まずは主人が取り仕切ることからはじまる。主人は、準備を行い、空間を演出し、客をまつ。あらかじめ前もって行う準備のことを「用意」という。

 しかし、おもてなしの本質は「主人」だけにあるのではない。上記3のルールを共有した「客」と「主客一体」になって、相互行為として達成される、というところが最大のポイントである。これを「卒意」という。

 おもてなしには、「用意」と「卒意」が必要である。つまりは、主人と客が、アドホックに機転を利かして場を構成する。

 おもてなしが成功するかどうかは、主人だけにかかっているのではない。主人と客のインタラクションの中に、おもてなしがある。

 「主人と客がともに一回かぎりの機会を思いやりをもって取り組もう」という「一期一会」、それにより「主人と客が心が通い合う状態」が生まれる「一座建立」は、こうしたインタラクションによって達成される。

  ▼

 これは、おそらく、演芸や茶の湯といった世界だけに言えることではない。
 フォーラム、セミナー、ワークショップというものでも同じだろう。きちんと主催者側が準備をしても、「お客さんが卒意をきかせてくれない場合」には、「よい場」にはならない。

 もちろん、そもそも「用意」ができていない準備不足のイベントは多々ある。そういうものは論外にしても、いくら準備をしても、その場の成功は、主人だけで決定されるわけではない。

 イベントを経験して、「あんまり面白くなかった」と感想を述べるのは簡単だ。

 しかし、その場の構成のため、
     あなたは「何」をしたのだ?

 そういうことを考えてみる必要があると思う。

"

(1,250 notes)

NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する: 噺家さんとお客さん (via clione)

社会のいろいろなところであてはまる話。

(via h-yamaguchi) (via motomocomo)

(via ujitomo) (via chronochrono) (via takaakik) (via ninjatottori) (via yellowblog) (via pinto) 2009-11-20 (via gkojay) (via bo-rude) (via nnmrblgksk) (via shortcutss) (via a2onaka) (via miewnyao) (via gkojax) (via yaruo)

(via hutaba)

(via hon-meirin)

(via xlheads) (via yellowblog)
ileftmyheartintokyo:

桂離宮 by jimy40_2008 on Flickr.

(314 notes)

findus:

;O))
Why has the masterpiece of drama not more posts?? Too sophisticated, I guess.

(161 notes)

findus:

;O))

Why has the masterpiece of drama not more posts?? Too sophisticated, I guess.

(Source: spirallife, via yellowblog)

thisbigcity:

Anyone else thinking: “I’ll take the elevator?”

(89 notes)

thisbigcity:

Anyone else thinking: “I’ll take the elevator?”

(Source: lu-k-h)